心と身体に優しい生活 

千葉市在住、夫と2人暮らし。フリーランス、旅と日々の生活のリズムを大切に生きる。

6. 妊活中の不安 ついやってしまうネット検索と不安解消方法

ここ数日中は女性のリズムの後半にあたり情緒不安定な日々が続いています。

 

自然派でゆったり、心と身体に優しく、ゆるやかでポジティブでいたいと思うけれども、うまくいかない時もたくさんあります。

 

というか、わたしの場合は月の半分はそんな憂鬱な気分で、努力をしてポジティブな気分にしようとしています。特に妊活をはじめてからのリズムの後半は厳しいです。

 

今日はわたしのように妊活中に不安になり、ついネット検索ばかりして一喜一憂を繰り返してしまう方へ向けて、その不安の解消法を提案します。

 

 

妊活中ついやってしまうネット検索

妊活を意識していると、排卵日〜生理1日目までに検索がすごい。

自分の全ての身体の症状の変化につけて「妊娠初期症状 XXX」と入れて検索する。

XXXには「腰痛」「足の付け根の痛み」「胸のはり」だったり、本当に小さなこと全て。

 

そして、これって結局PMS(月経前症候群)と見分け方分からないよな〜とか思うと

妊娠超初期 PMS 違い」で検索。

 

体温がちょっとでも下がったり上がったりすると

 

体温の下降 妊娠」で検索= インプランテーションディップ(着床時に体温が下がることがある)→「インプランテーションディップ 生理何日前」で検索。 

体温の上昇 妊娠」で検索= 妊娠していると高温期に体温が二段階上昇することがある→「二段階上昇 体験談」で検索。

  

生理予定日数日前になるといよいよ待てなくなって「フライイング検査」をする。

妊娠5週目(生理予定日1週間後)から使用可能な市販の妊娠検査薬を使って妊娠検査をするので"当然"陰性 。当然陰性なので信用しないので、そうなると今度は「フライイング検査陰性でも妊娠」「フライイング検査陰性から陽性に変わる」で検索して、そうなった人の体験談を読み儚い希望をもつ

 

とにかく自分にとって都合の良い検索方法をしてみて自分の都合の良いように解釈

フライング検査の不毛さを分かっていてもついやってしまう。

 

「もう検索しない!フライイング検査もしない!」って決めても次の日にはもう誘惑に負けている。。。こんな気分から脱却したい!

 

気分をあげるプチ努力

ネット検索のループから脱却するために、完全自己流の思いつきでかくと、「思考する」こと。

 

1. 日記を書く

わたしはこのブログ以外に日記を書いています。基本的にはポジティブな気分の朝のうちに1日のスケジュールや「〜しよう!」と思うことを買いたりしています。

 

このブログもその吐き出しの1つにはなりますが、書いて自分の気持ちを表現するとけっこうスッキリします。そしてそれを続けていると、「あ〜わたし毎月この時期にこんな気分になっているな〜」と客観的に自分を見ることができて冷静になることができたりします。

 

これは気分が悪いときだけでなく、良い時も続けると仕事のアイディアや生活のアイディア、自分のやりたかったこと、心の声に気づけるので良いです。

 

↓わたしはこちらを利用しています。

 

 

単行本の形になっているので、ブックカバーをつけて自分の本棚にしまえば日記とは気がつかれません。

これまであまり日記が続いたことがないのですが、ただ余ったノートに書くのではなく「自分の本ができる」と思うとちょっとやる気がでて、この4ヶ月続いています。

 

2. 歩く

天気が悪かったり寒い時は無理しません。

ほんの5分だけのつもりで近所のコンビニや郵便局に歩いていってみるだけで少しスッキリします。運動不足は気分が悪化する大敵なので、なるべく1日トイレとキッチン、リビングの往復しかしなかったということが無いようにします。

日光に当たると気分良いです。

 

3. 神社にお参りする

最近子授けに定評のある2つの神社とお寺にいってきました。

玉前神社

https://www.tsukihi-shoyo.com/entry/2020/04/20/070315

・笠森観音

https://www.tsukihi-shoyo.com/entry/2020/05/06/173418

リンクはブログの別の記事に飛びます。

 

わざわざ遠出しなくても、お散歩がてら近所の神社にお参りに行くだけでも神聖な気分になります。

  

4. 自分の欲求と向き合う

何かを創造したいというのは人間の本能だとふと思います。

それは子どもを産むということに限らず

仕事に熱中している人は、仕事で何かを生み出したり

勉強をしている人は、自分を磨いて将来の自分に役立てたり

子育てをしている人は、子どもの成長を支えたり

料理や家事の工夫や趣味に没頭している人も、何かを生み出しています

 

多くの人が、誰かの役に立ったり、何かを生み出したいと思っていると思います。

 

「生産性」のために子作りしている訳ではありませんが、コロナ自粛でお仕事の時間が減ると余計に子作りのことを考えたり悩んでいる気がします。

 

わたしが本当に求めているのは「子どもを作る」ことなのか「何かを生み出すことなのか」少し立ち止まって考えて、もし子どもだけが全てではなく他にやりたいことがあると思たらラッキーかもしれません。

 

・ある試験に合格したい。

→そのために勉強する。

・夏の海で自信をもって水着になりたい。

→そのためにダイエットする。

・自分のホームページを作れるようになりたい。

Wordpressの勉強をする。

・子どもが欲しい

→そのために体作りをする。

 

わたしの場合、こんな小さな他の目標を並列にして考えられたら、ヘルシーになれるかもしれません。

 

自分の心と向き合う

とにかく身体の小さな変化にばかり執着してネット検索で自分にとって都合の良い迷信と向き合い続けるより自分の心と向き合って少しでも良い時間を過ごしましょう。

 

そしたら自分が本当にやりたいことや楽しいと感じることに気分が向くかもしれません。

 

同じように悩んでいる人、悩んでいた人、ぜひコメントください。

ただマイナスな気分を吐き出すのもよし。

わたしに「こんなことをしてみては?」とアドバイスしてくださるのも大歓迎です。

ブログ始めたばかりなので1日の閲覧数は一桁です。

その中でも奇跡的に最後まで読んで下さった方、もし共感してくださっていればコメントしてくださると本当に嬉しいです。