心と身体に優しい生活 

千葉市在住、夫と2人暮らし。フリーランス、旅と日々の生活のリズムを大切に生きる。

映画「コーヒーが冷めないうちに」感想

f:id:tsukihi-shoyo:20200619211846j:plain


あなたは過去に戻れるとしたら、戻りたいですか?

 

私は過去に戻れるとしても、戻りたいと思う過去ははっきりと浮かびません。

今のところ。

 

過去のことを思い出して、悲しくなることや切なくなること、青春の日々を懐かしく思う瞬間はあるけれど。

 

コーヒーが冷めないうちには様々な条件があるけれども「コーヒーを入れてから冷めるまでの時間、過去に戻ることができる」席がある不思議な喫茶店でのお話。

 

ただ、様々な条件のうちの一つが、

過去で何をしても未来は変えられない。」ということ。

 

だから過去に戻って喧嘩別れした恋人に会ったとしても、別れることは変わらない。

事故で亡くなった人に事故の前に会って忠告しても、死ぬことは変わらない。

 

 

わたしが過去に戻りたい瞬間が浮かばないのは、自分にとって大切な人がまだ近くで元気に生きているからかも知れません。

 

もし戻れるとしたら、数年前に亡くなったおじいちゃんやおばあちゃんに会いに行って思い出に浸るかも知れません。

 

 

もし、たった5分間、過去に戻れるなら、多くの人がもう今は会えなくなってしまった、自分にとって大切な人に会いに行き、感謝や想いを伝えることを選ぶのではないのでしょうか?

 

このお話は、様々な事情をもつ喫茶店のお客さんが、ほんの5分間だけ過去に戻って自分を変える、そんなお話です。

 

色々な立場や感情で過去に戻る人がいるので、共感できるお話もできないお話もあるけれど、泣けるシーンもあり、わたしは観て良かったなと思います。

 

 

 

話は変わりますがここ2ヶ月超のコロナ騒動で外出自粛になってからわたしは実家に離れて暮らす家族や、高校や大学の友達と連絡をとるようになりました。

 

いつもなら忙しくて、ふと思い出しても何もしなかったけれど、こんな時だということを言い訳に、「久しぶり、元気?」と言いやすくなりました。

 

毎日テレビで、今日は〜〜県でXX人、全国でXX人が感染しました。と確認するより

自分の友達や家族が、元気に生きていることを確認するほうがずっといい。

 

明日自分が死んでしまっても、後悔しないように生きるのはもちろん、

いつか自分にとって大切な人に会えなくなった時に、「伝えておけば良かった。」とならないように。